• アーカイブ
  • カレンダー
    7月 2022
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
feed

田布施バードのレオパ

Home »

レオパ ゴジララインのベビー孵化情報

2022年06月29日

まずは親個体から

父親は、ゴジララインのハイイエローです。

母親はトレンパージャイアントとして去年入荷した個体です。

個体1 ハイイエローの柄で大きくなるのが楽しみです。

個体2 今回は2匹ともベビーが似ています。

【お客様からの個体情報】

ゴジラジャイアントのベビー、報告時点生後2か月ちょっとで38gを超えたとのことです。成長がかなり速いですね。どのくらいの大きさになるか楽しみです。


レオパ、タンジェリン系ベビー成長と模様の変化

2022年06月26日

レオパ、タンジェリン系の成長記録です。前回は6月9日に紹介した子たちです。https://www.tabuse-bird.com/blog/11007.html

まず1頭目、6月9日の写真、生後1日目です。

そして今回、生後18日目です。

短い期間ですが、結構模様が変化しました。体重は8.5gでした。

次に2頭目、同じく6月9日の写真、生後1日目です。

本日、生後18日目です。

こちらもだいぶ模様が変化しきて、印象がかなり変わってきています。7.8gでした。

ベビーの成長は早くて模様の変化もおもしろいですね。



レオパ、ゴジラジャイアントの親と子の成長Part2

2022年06月24日

ゴジラジャイアントの親と子の成長、前回は6月11日: https://www.tabuse-bird.com/blog/11026.htmlでした。

あれから10日ちょっと経過しました。

本日、生後38日目、23g近くまで成長しました。全長は動くので測りにくいのですが、ざっくり15㎝はすでに超えている感じでした。

少し大きくなりましたが、父親とは、まだまだかなり体格差があります。

父親と同じくらいになるのか、超えるのが楽しみです。これからも記録を載せていきます。


レオパ、ジャイアントライン孵化情報

2022年06月20日

ジャイアントラインの孵化情報です。

オスは、このブログに何度か登場しているゴジララインのマックスノーです。

身体をまっすぐに伸ばすと全長は29センチ前後で、迫力を感じる個体です。

メス親は、スーパージャイアントとして入荷した個体です。精悍な顔をしています。

ベビーです。孵化した段階から全長も長く、大きくなりそうな雰囲気があります。楽しみな個体です。


【お客様からの飼育個体のご紹介】

パターンレスのハイイエローです。写真がかわいく撮れていますね。大事に飼育されているのが伝わってきます。


レオパ、当店孵化タンジェリン系ベビー

2022年06月18日

当店で孵化したベビーをご紹介します。まずは親から、

父親のジャイアントラインのタンジェリンです。

母親は普通サイズで、ジャイアントではないタンジェリンアルビノです。

父親と母親を並べてみました。

次にベビーです。

6月16日ハッチの子です。きれいさと大きさが出るといいと思います。

2匹目は6月17日生まれで、ハッチサイズは2匹とも4g前後でした。きれいに成長するのが楽しみな子です。


レオパ、ゴジラジャイアントトレンパーアルビノ

2022年06月16日

今期の当店ブリードの親でもあるゴジラジャイアント トレンパーアルビノをご紹介します。

この子は、体長は29センチを超えており、体重はピークで140gを超えていました。

今期はさらに大きい子を目指して、3頭のジャイアント系のメスと交配していて、有精卵が取れ始めており、現在、孵化を待っている状態です。

最後に比較としてトレンパーアルビノの86gの子と並べてみました。


レオパ、去年の当店CBタンジェリン成長記録 いろいろ比べてみました

2022年06月13日

まずは一番年上の子のオス、去年の7月2日生まれ、体重109グラム前後

一番末っ子のオス、去年の11月9日生まれ、現在体重75グラム前後、母親がジャイアントラインなので、まだ、成長しそうです。

兄弟で比べてみました。4か月の差ですが、長さも重さもかなり違います。

最後に、お父さんのレオパ(右)と末っ子を比べてみました。現在、父親24㎝とほぼ同じ長さ、このまま成長していくと父親が一番小さくなってしまいそうです。笑


レオパ、ゴジラジャイアントの親と子の成長

2022年06月11日

うちではすべての個体を定期的に体重測定しています。その1例をご紹介します。

5月17日生まれのゴジララインのハイイエローです。25日前後で、14.9gでした。

ジャイアントラインはベビーの成長も早い傾向にあります。半年後、1年後と経過したときの、体格がどのようになるか楽しみです。

ジャイアントを真剣にやっておられるお客様のところでは、過去に1か月で20gを超える個体も出たという報告も複数ありました。

父親と並べてみました。

この子は残留予定なので、成長を定期的にブログに掲載していきたいと思います。




当店ブリードレオパ、タンジェリン系孵化ベビー紹介

2022年06月09日

オス親のジャイアントラインのタンジェリンです。体長も十分にあり、本日、体重は109g前後でした。

メス親です。この個体はジャイアントではありません。体重70グラム前後のハイポタンジェリンの子です。

上記の親から生まれた、まず1匹目、どのように成長するか楽しみな個体です。

2匹目、実物を見ると、こちらの方が少しだけオレンジ色の部分が濃いです。


レオパ、当店CBジャイアントラインの孵化ベビーの紹介

2022年06月07日

今年は3匹のメスと交配している、ゴジララインのマックスノーです。2ℓのペットボトルと写真を撮ってみました。しっかりと長さのある子です。本日は123gでした。

メス親は、トレンパージャイアントの血統で、本日84gでした。

今日産まれたベビーです。今回のクラッチは1匹でした。お父さんのように大きくなるか成長が楽しみです。



レオパ、マックスノーの紹介

2022年06月06日

去年の8月3日生れのマックスノーです。きれいな子で、可愛いです。ジャイアントの因子は入っていませんが、まずまず大きい子です。

【お客様の個体紹介】

とてもきれいな子で、眠っている姿がかわいいですね。



レオパ、ゴジラシャイアント孵化情報

2022年06月03日

まずは親から

オス親は、ゴジララインのノンアルビノの個体です。長さがあり、がっしりとしています。

メス親です。トレンパージャイアント血統です。

次に、ベビーです。

1匹目 本日6月3日に孵化しました。ハイイエローヘテロトレンパーアルビノです。大きく成長するのが楽しみな子だと思います。

同クラッチの2匹目も、本日6月3日に孵化しました。ハイイエローヘテロトレンパーアルビノです。こちらの方が1匹目よりオレンジが強いです。きれいに大きく育ってくれるのが楽しみです。


レオパ、販売中の成体個体

2022年06月01日

販売中の成体個体を一部ご紹介します。

去年の当店ブリード個体のスーパーハイポタンジェリンです。去年の4月19日生れです。きれいな子です。


【お客様の個体紹介】

立派できれいな子ですね。スーパーハイポタンジェリンはとても好きなモルフなので、報告していただけるとうれしいですね。


当店ブリードのヒョウモントカゲモドキ、ゴジラジャイアントラインのマックスノーのベビーのご紹介

2022年05月30日

まずは、親情報から

オス親は、ゴジララインのマックスノーです。画像ではなかなか伝わりにくいですが、長さと迫力のある個体です。今回の写真は600ccのペットボトルです。体重は120g前後です。今年は3匹のメスと交配をしています。

メス親のゴジラジャイアント血統のトレンパーアルビノです。90g前後ありました。

次に、今回産まれたベビーの情報です。

マックスノーヘテロトレンパーアルビノです。大きくなることが期待できる個体だと思います。もう1頭も近々孵ると思います。



所在地 山口県熊毛郡田布施町麻郷1530番3
 (田布施町立麻郷小学校の前)
   TEL.0820-26-4172 FAX.0820-26-4173

Copyright©2022 TABUSE BIRD All Rights Reserved.